地方を元気にする「関係人口」という考え方

単身赴任の思想と背景を知るシリーズ

今回は、「関係人口論」です。

観光以上、移住未満の、第三の人口

交流でもなく定住でもないローカルイノベーション、それが「関係人口」です。

観光以上、移住未満と捉えられる関係人口ですが、実はここから相当数の移住者が各地に生まれています。

ソトコト2018年2月号の紹介より引用します。

「「自分のかたちでまちと関わりたい」と考える関係人口が、どのようにして移住へと移行していくのか、そのプロセスを、「関係人口ど真ん中の人」「関係案内所」「関係人口を迎える人」をもとに、解析していきます。関係人口をより深く理解するための、入門特集です。」

 

「関係人口」は地方創生の取り組み

関係人口は、2つの地域に、自分なりの関わりを持つ暮らし方です。

これ、まさに単身赴任の状況と重なります。

2つの住まいを行ったり来たりすることが、豊かで地方創生の一部、という話になりつつあります。

地方のパワーや美味しいものを東京に伝える。

東京での収入や得たスキルを地方で使う。

単身赴任でなくとも、こうした暮らし方をする人が増えていて、それは豊かな暮らしの具現化だと言われています。

SOTOKOTO (ソトコト) 2018年 2月号 / ソトコト編集部 【雑誌】

価格:823円
(2018/2/11 15:52時点)
感想(0件)

ソトコト2月号、単身赴任は時代の最先端かも?と思えて、思わず元気になれる、そんな一冊でした。

 

大滝 和範

拠点は福岡。大阪や仙台への転勤を経て、東京への単身赴任は3回目。朝食はスカイプで家族だんらんしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA